ホーム > 全件表示 > その他 > タンザニアへ調査に行ってきました。

各種記事

タンザニアへ調査に行ってきました。

掲載日:2017.10.24

タンザニアへ調査に行ってきました。

9月26日から10月2日に渡り、タンザニア国モロゴロ州の4村でブルセラ病制御に関する参加型調査を実施しました。2015、2016年に実施した牛ブルセラ病調査の協力農家に集まってもらい、ブルセラ病についての説明及び研究結果のフィードバックを行った後、住民負担のワクチン接種による、住民主体の持続可能なブルセラ病制御の意向を調査しました。すべての村で制御に取り組む意向が示されました。今後はワンヘルスサーベイランスに基づくヒトブルセラ病調査が予定されています。ワクチンプログラムの実施にはまだ課題がありますが、各地域の獣医官と今回集まった農家を中心に、他の農家も巻き込んで制御に取り組んでいきます。

浅倉真吾


酪農学園大学獣医疫学ユニット(2017.10.24)|その他, 全件表示