ホーム > 全件表示

各種記事

全件表示一覧

大学院生募集!【狂犬病国際疫学研究】

掲載日:2018.05.19

 狂犬病は日本では1957年に撲滅されましたが、毎年世界で5万9千人もの命を奪っている人獣共通感染症です。  この度蒔田教授が代表で、日本学術振興会(JSPS)二国間交流事業「南アフリカで1997-2017年に発生した動 […]

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2018.05.19)|お知らせ, 全件表示

モバイル一頭一布プロジェクト -A4サイズの布が繋ぐ、ウガンダと日本-

掲載日:2018.02.06

*賛同いただける方は、拡散をお願いします。 [モバイル一頭一布とは?]  ウガンダで進行中の酪農学園大学によるJICAプロジェクトで、ウガンダの主要酪農地域、ムバララでは潜在性乳房炎が広く蔓延していることが分かりました。 […]

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2018.02.06)|お知らせ, 全件表示

OIE食の安全ジョイントコラボレーションセンター・セミナー開催のお知らせ

掲載日:2018.02.01

2018年2月9日(金)の18:00よりOIE食の安全ジョイントコラボレーションセンター・セミナーが本学C1-202教室で開催されます。 本セミナーではベトナムより3名の専門家を招き、EchohealthとOne Hea […]

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2018.02.01)|お知らせ, 全件表示

アジア12カ国・地域対象 合同OIE薬剤耐性菌セミナーの報告

掲載日:2018.01.30

OIEでは、OIEセンター間の共同セミナー等の開催を奨励しています。昨年のことになりますが、2017年10月19日にOIEコラボレーティングセンターである農林水産省動物医薬品検査所と共同で、東京大学食の安全研究センター、 […]

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2018.01.30)|お知らせ, 全件表示

【活動報告】 JICA草の根事業

掲載日:2017.11.08

「ムバララ県安全な乳生産向上プロジェクト」の現地駐在専門家として、新しくウガンダのムバララ県に赴任した茅野大志と申します。こちらに来て数週間が経ちますが、ようやく仕事にも環境にも慣れてきました。 プロジェクトでは普及員な […]

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2017.11.08)|その他, 全件表示

タンザニアへ調査に行ってきました。

掲載日:2017.10.24

9月26日から10月2日に渡り、タンザニア国モロゴロ州の4村でブルセラ病制御に関する参加型調査を実施しました。2015、2016年に実施した牛ブルセラ病調査の協力農家に集まってもらい、ブルセラ病についての説明及び研究結果 […]

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2017.10.24)|その他, 全件表示

ホームページを開設しました。

掲載日:2013.06.06

酪農学園大学 獣医疫学ユニットのHPを開設しました。 今後は、ホームページを利用して、研究室独自の情報を発信していきます。 よろしくお願いいたします。

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2013.06.06)|お知らせ
 |