ホーム > 研究業績 > 薬剤耐性に関する研究

研究業績

薬剤耐性に関する研究

 抗生物質は私たちの健康を守るのに大きく貢献して来ました。また、私たちの食糧である家畜が病気にかかった時にも、病気からの回復に大きく役立っています。しかしながら、農場での生産動物に対する抗生物質の使用による動物における薬剤耐性菌選択の可能性が指摘されています。
 獣医疫学ユニットでは、生産現場での抗生物質の使用と動物由来細菌における耐性菌の選択について疫学解析するとともに、ヒトへのリスクを評価しています。

研究資金

2017-2018平成29年度 食品安全委員会 食品健康影響評価「コリスチン耐性菌の出現状況と特性解析に関する研究」 研究分担者
2017-2019平成29~30年度 農林水産省 動物医薬品検査所共同研究.代表研究者.
2013-2014食品安全委員会 平成25年度食品健康影響技術研究
「食用動物由来薬剤耐性菌の定量的食品健康評価モデルの確立」。 研究分担者。
2012-2015共同研究 農林水産省動物医薬品検査所・酪農学園大学

業績

Peer review paper

Makita K., Goto M., Ozawa M., Kawanishi M., Koike R., Asai T., Tamura Y. (2015) Multivariable analysis of the association between antimicrobial use and antimicrobial resistance in Escherichia coli isolated from apparently healthy pigs in Japan. Microbial Drug Resistance [electronically published ahead of print].

Usui M, Ozawa S, Onozato H, Kuge R, Obata Y, Uemae T, Ngoc PT, Heriyanto A, Chalemchaikit T, Makita K, Muramatsu Y, Tamura Y. (2014) Antimicrobial usceptibility of indicator bacteria isolated from chickens in Southeast Asian countries (Vietnam, Indonesia, and Thailand). Journal of Veterinary Medical Science 76 (5): 685-692.

Ozawa M, Makita K, Tamura Y, Asai T. (2012) Associations of antimicrobial use with antimicrobial resistance in Campylobacter coli from grow-finish pigs in Japan, Prev Vet Med, 106 (3-4), 295-300.

Ishihara K, Takahashi R, Andoh M, Makita K, Kamiji S, Ueno H, Muramatsu Y, Tamura Y. (2011) Effects of climatic elements on Campylobacter-contaminated chicken products in Japan, Epidemiol Infect, 12, 1-6.

Ishihara K, Hosokawa Y, Makita K, Noda J, Muramatsu Y, Ueno H, Mukai T, Yamamoto H, Ito M, Tamura Y. (2011) Factors associated with antimicrobial-resistant Escherichia coli in zoo animals, Res Vet Sci, 93(2), 574-80.



Invited presentations

Makita K. 2017. Sampling strategy and multivariable analysis in the AMR monitoring. NVAL-UoT-RGU-VPHC joint OIE Seminar, 2017 October 19, University of Tokyo.


Presentation at international conferences

Toyofuku H., Makita K., Osada Y., Ohashi T., Kakinuma M., Ooshiki D. (2015) A stochastic assessment of the public health risks of the use of fluoroquinolones in broiler in Japan. International Society for Veterinary Epidemiology and Economics (ISVEE 14) conference.

Presentations at conferences in Japan

小澤真名緒, 蒔田浩平ら.2017. 豚由来大腸菌における共選択機構.獣医学会.2017年9月8日.鹿児島大学.

後藤聖樹,蒔田浩平,小澤真名緒,浅井鉄夫,田村豊. (2013)我が国の豚由来大腸菌における抗菌性物質の使用と薬剤耐性との関係,獣医学会.

後藤聖樹,蒔田浩平,小澤真名緒,浅井鉄夫,田村豊. (2012)我が国の養豚場における抗菌性物質の使用と薬剤耐性大腸菌の分布との関係,獣医疫学学術集会.

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|
 |