ホーム > 研究内容・業績 > 薬剤耐性に関する研究

研究業績

薬剤耐性に関する研究

 抗生物質は、過去に人の死因第一位であった細菌感染症による被害を大幅に減少させ、公衆衛生の向上に大きく貢献しました。また抗生物質は私たちの食糧を生産するための家畜を感染症の苦痛から開放し、速やかに快復させるために大きく役立っています。しかしながら、農場での生産動物に対する抗生物質の使用による、動物における薬剤耐性菌選択、さらに家畜由来薬剤耐性菌による人への健康影響の可能性が指摘されています。
また世界中での薬剤耐性菌研究の進展により、人の医療に重要な抗生物質の耐性を伝達するプラスミドの動物ならびに人集団への拡散の危険性が指摘されており、特に薬剤耐性遺伝情報を持ったプラスミドの受取りによる多剤耐性菌性食中毒、日和見感染および院内感染発生時に最後の望みとなる薬剤が治療効果を発揮しない事態の発生が懸念されています。
このような脅威に対応するため、2015年に世界保健機関WHOは薬剤耐性に関するグローバルアクション・プランを策定、わが国では関係省庁・関係機関連携のもと翌2016年に国内のアクションプランが策定され、公衆衛生・家畜衛生の垣根を越えたワンヘルスの取り組みが始まっています。
 獣医疫学ユニットでは、生産現場での抗生物質の使用と動物由来薬剤耐性菌の選択に関する疫学、このような知見の細菌学的研究へのフィードバックと共同研究計画、またワンヘルスの枠組みでの動物由来薬剤耐性菌の人への健康影響評価を実施しています。

研究資金

2017-2019平成29~30年度 農林水産省 動物医薬品検査所共同研究.代表研究者.
2017-2018平成29年度 食品安全委員会 食品健康影響評価「コリスチン耐性菌の出現状況と特性解析に関する研究」 研究分担者
2013-2014食品安全委員会 平成25年度食品健康影響技術研究
「食用動物由来薬剤耐性菌の定量的食品健康評価モデルの確立」。 研究分担者。
2012-2015共同研究 農林水産省動物医薬品検査所・酪農学園大学

業績

Peer review paper

Makita K., Goto M., Ozawa M., Kawanishi M., Koike R., Asai T., Tamura Y. (2015) Multivariable analysis of the association between antimicrobial use and antimicrobial resistance in Escherichia coli isolated from apparently healthy pigs in Japan. Microbial Drug Resistance [electronically published ahead of print].

Usui M, Ozawa S, Onozato H, Kuge R, Obata Y, Uemae T, Ngoc PT, Heriyanto A, Chalemchaikit T, Makita K, Muramatsu Y, Tamura Y. (2014) Antimicrobial usceptibility of indicator bacteria isolated from chickens in Southeast Asian countries (Vietnam, Indonesia, and Thailand). Journal of Veterinary Medical Science 76 (5): 685-692.

Ozawa M, Makita K, Tamura Y, Asai T. (2012) Associations of antimicrobial use with antimicrobial resistance in Campylobacter coli from grow-finish pigs in Japan, Prev Vet Med, 106 (3-4), 295-300.

Ishihara K, Takahashi R, Andoh M, Makita K, Kamiji S, Ueno H, Muramatsu Y, Tamura Y. (2011) Effects of climatic elements on Campylobacter-contaminated chicken products in Japan, Epidemiol Infect, 12, 1-6.

Ishihara K, Hosokawa Y, Makita K, Noda J, Muramatsu Y, Ueno H, Mukai T, Yamamoto H, Ito M, Tamura Y. (2011) Factors associated with antimicrobial-resistant Escherichia coli in zoo animals, Res Vet Sci, 93(2), 574-80.



Invited presentations

Makita K. 2017. Sampling strategy and multivariable analysis in the AMR monitoring. NVAL-UoT-RGU-VPHC joint OIE Seminar, 2017 October 19, University of Tokyo.


Presentation at international conferences

Toyofuku H., Makita K., Osada Y., Ohashi T., Kakinuma M., Ooshiki D. (2015) A stochastic assessment of the public health risks of the use of fluoroquinolones in broiler in Japan. International Society for Veterinary Epidemiology and Economics (ISVEE 14) conference.

Presentations at conferences in Japan

小澤真名緒, 蒔田浩平ら.2017. 豚由来大腸菌における共選択機構.獣医学会.2017年9月8日.鹿児島大学.

後藤聖樹,蒔田浩平,小澤真名緒,浅井鉄夫,田村豊. (2013)我が国の豚由来大腸菌における抗菌性物質の使用と薬剤耐性との関係,獣医学会.

後藤聖樹,蒔田浩平,小澤真名緒,浅井鉄夫,田村豊. (2012)我が国の養豚場における抗菌性物質の使用と薬剤耐性大腸菌の分布との関係,獣医疫学学術集会.

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|
 |