ホーム > 研究内容・業績 > 発展途上国における顧(かえり)みられない人獣共通感染症

研究業績

発展途上国における顧(かえり)みられない人獣共通感染症

 発展途上国には、先進国ではすでに制圧されてしまった風土病的人獣共通感染症が未だ多く発生し、公衆衛生上また経済的にも大きな影響を与えています。一方、ウイルスの突然変異により人集団でのパンデミックの恐れが指摘されている鳥インフルエンザや、HIV/AIDS、結核といった特定の致死性疾病の対策に偏って国際的援助が行われているため、国際保健機関(WHO)から顧みられない人獣共通感染症として指定されている疾病があります。
 当ユニットではこのうちブルセラ病に焦点を当てて常在国で研究を実施してきました。ブルセラ病は世界で最も蔓延している人獣共通感染症の一つで、家畜には流産を起こし、人には持続性、波状型の熱、倦怠感などの全身症状の他、骨関節症などの局所病変を起こします。2005年から2008年にかけて実施したウガンダの研究では、首都カンパラの都市周辺部で放牧により牛ブルセラ病が維持されており、都市人口へのリスクの多くは酪農生産地帯から大量に流通する生乳の飲用によるものであることが分かりました。これを受けて人ブルセラ症の制御には、液乳主体の流通を維持するならば、煮沸施設を生産地あるいは首都近くに整備する必要があることを助言しました。スリランカでは、2015年と2016年に調査を実施し、地域、民族により有病率が異なること、牛群間の感染拡大に寄与する牛の売買では、流産経験牛を売却する隠蔽行動は見られず、正しい知識の普及が生産者を巻き込んだ疾病制圧に重要であることが明らかとなりました。タンザニアでは、2013年から2017年にかけて研究が実施されました。この研究ではモロゴロ州の獣医官・医官、ソコイネ農業大学獣医学部ならびにタンザニア国首相事務所ワンヘルス・ネットワークと連携し、牛ブルセラ病が農業放牧混合地域で多く、放牧により維持されていること、獣医官との付き合いの多い農場では有病率が低いこと、マサイ族で生の牛乳や牛の血液を飲用する感染を助長する行動が継続されていること、人の感染も多いこと、子牛へのワクチン接種ならば支払い意欲が高く、問題は住民がブルセラ病について知識を得る機会が少ないことなどが分かっています。これまでの疫学的知見から、ブルセラ病常在国における住民主体の制御方法の可能性が示唆されています。
 もう一つ取り組んでいるのは狂犬病です。狂犬病ウイルスには大変有効なワクチンが存在しますが、残念ながら近年ベトナムで死者数が増加傾向にあります。この状況に対応するため、2016年にタイ・ングイェン省で、狂犬病ワクチンの接種と犬の係留に寄与する社会経済学的因子とワクチンへの支払い意欲について、ハノイ公衆衛生大学と本学の食糧経済学者と共同で質問票調査を実施しました。この結果、狂犬病およびその制御に関する知識が意識を高め、ワクチン接種に繋がっていることが確認されました。また山間部に住んでおり経済的に豊かでない家庭および地域でワクチン接種率および犬の係留が不十分で、その結果犬の狂犬病の温床になっていることが分かってきました。2018年からは南アフリカ共和国の国際獣疫事務局(OIE)狂犬病センターであるオンデステポート獣医研究所と共同で、過去20年間の南アフリカ共和国における狂犬病データとウイルス株の情報を用い、狂犬病感染拡大様式について詳細に理解していく研究を実施します。

研究資金

2017学内共同研究「ワンヘルス推進に基づく狂犬病常在地域での撲滅方法の検討」代表研究者.
2016-2017私立大学研究基盤形成支援事業「課題:量的疫学・経済学による効果的感染症制御方法の提示」 分担研究者.
2013-2015JISNAS. Brucellosis control in Tanzania. JICA/JOCV Volunteer for PhD study, Mr. Shingo ASAKURA, Sokoine University of Agriculture, Tanzania.
2013-2016文部科学省科学研究費基盤B,分担(代表:耕野准教授、帯広畜産大学)
2005-2008イギリス国際協力庁(DFID)家畜衛生プログラム

業績

Peer review paper

Kothalawala KAC, Makita K, Kothalawala H, Jiffrey AM, Kubota S, Kono H. 2017. Association of farmers' socio-economics with bovine brucellosis epidemiology in the dry zone of Sri Lanka. Preventive Veterinary Medicine 147: 117-123.

Makita K, Fèvre EM, Waiswa C, Kaboyo W, Eisler MC, Welburn SC. (2011) Evidence-based identification of the most important livestock related zoonotic diseases in Kampala, Uganda, J Vet Med Sci, 73, 991-1000.

Makita K, Fèvre EM, Waiswa C, Eisler MC, Thrusfield M, Welburn SC. (2011) Herd prevalence of bovine brucellosis and analysis of risk factors in cattle in urban and peri-urban areas of the Kampala economic zone, Uganda, BMC Vet Res, 7, 60.

Makita K, Fèvre EM, Waiswa C, Kaboyo W, Eisler MC, Welburn SC. (2011) Spatial epidemiology of hospital-diagnosed brucellosis in Kampala, Uganda, Int J Health Geographics, 10, 52.

Makita K, Fèvre EM, Waiswa C, Eisler MC, Welburn SC. (2010) How human brucellosis incidence in urban Kampala can be reduced most efficiently? A risk assessment of informally marketed milk, PLoS ONE, 5, e14188.

Makita K, Fèvre EM, Waiswa C, Kaboyo W, Bronsvoort MDC, Eisler MC, Welburn SC. (2008) Human brucellosis in urban and peri-urban areas in Kampala, Uganda, Ann N Y Acad Sci, 1149, 309-311.



Invited presentations

Makita K. What is One Health? One World One Health research forum. 2017 July 9, Hokkaido University, Sapporo, Japan.

Kadowaki H, Makita K, Phuc PD, et al. Preliminary report: Socio-economic study for rabies in Thai Nguyen Province, Vietnam. 2017 February 14, Thai Nguyen, Vietnam.

Makita K. Incentive-based improvement of food safety and zoonosis risks in sub-Saharan Africa. Japanese – Swiss EcoHealth Colloquium. JSPS. 2017 January 10-12, Swiss TPH, Basel, Switzerland.

Makita K. International collaborative researches in Rakuno Gakuen University OIE Centre. Invited speech. Symposium ‘Young researchers challenging infectious disease control’, Nihon University, 2016 December 2, Kanagawa, Japan.

Makita K. (2015) Epidemiology for strategic control of Neglected Zoonoses. At FAO-APHCA/OIE/USDA Regional Workshop on Prevention and Control of Neglected Zoonoses in Asia. 2015 July 15-16, Obihiro, Japan.

Invited as an expert of veterinary epidemiology and socio-economics, WHO/OIE/FAO Asia-Pacific Workshop on Multisectoral Collaboration for Zoonoses Prevention and Control. 27-29 November 2013, Kathmandu, Nepal (2013).



Presentations at international conferences

Kadowaki H, Makita K, Hampson K, Yamada A. Quantitative risk assessment of dog rabies spreading Japan using mathematical modelling. Japan-Republic of Korea Joint Symposium on Veterinary Epidemiology, 2016 June 11, University of Tokyo, Tokyo, Japan.

Makita K. Elimination of rabies – lessons from pre and post vaccination era in Osaka, Japan. RGU OIE Seminar ‘Control of endemic zoonosis’, 2016 September 19, Sokoine University of Agriculture, Tanzania.

Asakura S, Makingi G, Kazwala R, Makita K. Prevalence of bovine brucellosis and its risk factors in Morogoro Region, Tanzania. One Health EcoHealth 2016. The 4th International One Health Congress and 6th Biennial Congress of the International Association of Ecology and Health, 2016 December 3-7, Melbourne, Australia.

Makita K, Fèvre EM, Waiswa C, Eisler MC, Welburn SC: Risk analysis for purchase of milk infected with Brucella abortus in urban areas of Kampala, Uganda, The 12th International Symposium on Veterinary Epidemiology and Economics, (2009).



Presentations at conferences in Japan

浅倉真吾, Makingi G, Kazwala G, 蒔田浩平. 2017. タンザニア国農業放牧混合地域における牛ブルセラ病リスク因子並びに制御に関する意向の定量的解析. 第160回日本獣医学会学術集会, 2017年9月13日~15日, 鹿児島大学.

Asakura S, Makingi G, Kazwala R, Makita K. 2016. Prevalence and associated risk factors of bovine brucellosis in Morogoro Region, Tanzania. Japan Society for Veterinary Epidemiology, 2016 March 20, University of Tokyo, Tokyo, Japan.

Kadowaki H, Makita K, Hampson K, Yamada A. 2016. Economic analysis of rabies control measures once rabies is introduced to Japan. Japan Society for Veterinary Epidemiology, 2016 March 20, University of Tokyo, Tokyo, Japan.

Koide K., Murata R., Khoa AX., Ly NK., Tam PT., Tra VTT., Nhiem DV., Kono H., Makita K. (2015) Causes of mastitis and repeat-breeding of dairy herds in a select dairy production area of Vietnam. Japan Society for Veterinary Epidemiology Conference.

蒔田浩平, Fèvre EM, Waiswa C, Eisler MC, Welburn SC: ウガンダ国首都カンパラの都市部における、非正規流通牛乳の摂取によるヒトブルセラ病感染リスク評価およびリスク低減シミュレーション. 獣医学会 (2010).

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2013.11.20)|
 |