ホーム > 研究業績 > 我が国の家畜衛生対策に係る精神医学的・社会経済学的研究

研究業績

我が国の家畜衛生対策に係る精神医学的・社会経済学的研究

 2010年に宮崎県で発生した口蹄疫は、我が国の畜産業のみならず、観光業や地域の飲食店業を初めとする広い産業に2350億円と試算される甚大な経済的被害をもたらしました。しかし被害は経済に限ったことではなく、被災農家、防疫従事者、それから地域住民のメンタルヘルスに大きな影響を与えました。
当ユニットでは、国立精神・神経医療研究センター、国連大学および宮崎県の精神保健の専門家およびNOSAIみやざきの獣医師と合同で、被災農家、防疫従事者および周辺住民の精神疫学研究を実施し、獣医・畜産学の知識を用い、きめ細やかな解析と介入への助言を行っています。
 また2013年度からは、農場における家畜衛生対策に係る意識と実践について研究しています。家畜伝染病の制御には、各農場の衛生意識が非常に重要な役割を果たします。農場レベルでの衛生意識に関係する因子を見つけることで、畜産関係者がより効果的に衛生対策の普及啓もうが実施できるようになる可能性があります。

研究資金

2015-2017別海町委託研究事業「酪農衛生対策の経済性調査」分担研究者.
2013-2017平成25年農林水産省「食品の安全性と動物衛生の向上のためのプロジェクト」 課題名「重要家畜疾病の迅速・的確な貿易措置に必要な技術の開発」 研究分担者
2011-2013厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)「大規模災害時の精神疾患実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究」口蹄疫被災における畜産農家・地域住民・防疫従事者の継続的健康調査
2012酪農学園大学学内共同研究
2010厚生労働科学研究費補助金 「宮崎県の口蹄疫対策における被災地支援とその実績に基づいた精神保健対策マニュアル作成に関する研究」

業績

Peer review journals

Kadowaki H, Kayano T, Tobinaga T, Tsutsumi A, Watari M, Makita K. 2016. Analysis of factors associated with hesitation to restart farming after depopulation of animals due to 2010 foot-and-mouth disease epidemic in Japan. Journal of Veterinary Medical Science 78(8): 1251-9.

Watanabe T, Nakahara Y, Asakura S, Makita K. (2015) Sociological factors influencing the practice and attitude towards pig farm hygiene in Hokkaido Prefecture, Japan. Journal of Veterinary Epidemiology (in press).

Makita K., Tsuji A., Iki Y., Kurosawa A., Kadowaki H., Tsutsumi A., Nogami T., Watari M. (2015) Mental and physical distress of field veterinarians during and soon after control of the 2010 foot and mouth disease outbreak in Miyazaki, Japan. OIE Review 34(3), in press.

Hibi J., Kurosawa A., Watanabe T., Kadowaki H., Watari M., Makita K. (2015) Post-traumatic stress disorder in participants of foot-and-mouth disease epidemic control in Miyazaki, Japan, in 2010. Journal of Veterinary Medical Science 77 (8): 953-9.



Invited presentations

Makita K. Application of animal health economics to livestock farming. Invited speech. Japan Veterinary Association high level technical seminar, 2016 January 19, Tochigi, Japan.

蒔田浩平.(2013) 疫学とコミュニケーション~被災農家と獣医師のメンタルケア. 獣医師会獣医学術学会年次大会日本産業動物獣医学会シンポジウム:産業動物医療を取り巻く人的要因への取り組み.

蒔田浩平.(2012) 口蹄疫被災農家と獣医師の精神的ストレス要因分析と癒しへの取り組み. 獣医師会獣医学術学会年次大会文部省科研費市民公開シンポジウム:感染症のグローバル
化対策―近隣諸国とどのように協力して対策を練るか②口蹄疫の発生とメンタルヘルス―日本と韓国のエピデミックを経験して.

蒔田浩平.(2012) 口蹄疫被災者のメンタルケアに役立つコミュニケーション. 日本獣医師会獣医療提供体制整備推進総合対策事業:獣医師のためのコミュニケーション講座―口蹄疫対策をコミュニケーションの視点から考える -.



Presentations at international conferences

Makita K., Nakahara Y., Watanabe T., Tamura Y., Ito H., Asakura S. (2015) Socio-economic factors influencing biosecurity measures of livestock producers in Japan. International Society for Veterinary Epidemiology and Economics (ISVEE 14) conference.

Makita K, et al. (2012) Collaborative response to 2010 Foot-and-mouth disease outbreak in Miyazaki,
Japan between veterinary and psychiatry experts – analyses into mental health of veterinarians,
farmers and citizens and barriers against restarting farming, The 13th International Symposium on Veterinary Epidemiology and Economics.



Presentations at conferences in Japan

Tamura Y, Nakahara Y, Makita K. 2016. Sociological factors associated with hygiene awareness of broiler and indigenous breed chicken (“Jidori”) farm managers in Japan. Japan Society for Veterinary Epidemiology, 2016 March 20, University of Tokyo, Tokyo, Japan.

Ito H., Nakahara Y., Watanabe T., Makita K. (2015) Sociological factors associated with practice of hygiene management in layer farms in Hokkaido and Saitama Prefectures in Japan. Japan Society for Veterinary Epidemiology Conference.

Nakahara Y., Watanabe T., Asakura S., Makita K. (2015) Sociological factors associated with practice of hygiene management in dairy farms in Hokkaido and Saitama Prefectures in Japan. Japan Society for Veterinary Epidemiology Conference.

Tamura Y., Nakahara Y., Watanabe T., Makita K. (2015) Sociological factors associated with practice of hygiene management in sheep farms in Hokkaido Prefecture in Japan. Japan Society for Veterinary Epidemiology Conference.

Watanabe T., Baba H., Hirano T., Fujino S., Etori Y., Makita K. (2014) A qualitative analysis of the practice and attitude associated with the farm hygiene of different livestock sectors using participatory appraisals. Japan Society for Veterinary Epidemiology.

日比珠莉・黒澤愛子・渡部卓人・門脇弾・蒔田浩平 (2014) 2010年に宮崎県で発生した口蹄疫で宮崎県外から派遣された防疫従事者の心的外傷後ストレス障害(PTSD).獣医疫学会学術集会.

蒔田浩平,渡辺卓人,日比珠莉,野上朋子,渡路子:2010 年宮崎口蹄疫において県外から派遣された防疫従事者のメンタルヘルス.獣医学会 (2013).

門脇弾,堤敦朗,野上朋子,渡路子,蒔田浩平:2010 年に宮崎で発生した口蹄疫被災農家の経営再開に関わるメンタルヘルスの再解析.獣医学会 (2013).

門脇弾,茅野大志,飛永崇晴,堤敦朗,渡路子,蒔田浩平:2010 年宮崎県口蹄疫被災農家において経営再開の障害となっている因子,獣医疫学学術集会 (2011).



Reports

蒔田浩平:宮崎で発生した口蹄疫対応における獣医師のメンタルストレスについて, 獣医公衆衛生研究,(2013)

蒔田浩平,辻厚史,大和田孝二,壱岐佳浩,吉原啓介,榎本豊,河野宏,黒木啓光,由地裕之:2010 年に宮崎県で発生した口蹄疫により地域獣医師が受けた精神的ストレス, 臨床
獣医, 30(8), 29-35, (2012)

蒔田浩平,辻厚史:2010 年口蹄疫発生からこれまで-宮崎県養豚農家の「気持ち」を振り返る-,月刊養豚界, 47(1), 52-55, (2012)

蒔田浩平,壱岐佳浩:2010 年口蹄疫発生からこれまで-宮崎県養牛農家の「気持ち」を振り返る-,特集:口蹄疫被害を再検証, 養牛の友, 2, 18-21, (2012)

蒔田浩平,辻厚史,壱岐佳浩,牛島留理,芳賀猛,末吉益雄:地域獣医師による 2010 年宮崎口蹄疫の侵入および発生拡大に関連した要因, 畜産の研究, 66(6), 599-604, (2012)

蒔田浩平:「2010 年宮崎口蹄疫」-地域獣医師と被災農家が感じていたこと-,北海道獣医師会報, 56, 117-123, (2012)

蒔田浩平,辻厚史,大和田孝二,壱岐佳浩,吉原啓介,掛水由洋,出口祐一郎,榎本豊,河野宏,黒木啓光,由地裕之:2010 年に宮崎県で発生した口蹄疫により被災畜産農家が受
けた精神的ストレス, 畜産の研究, 66(1), 151-155, (2012)

石田康,蒔田浩平ら:宮崎県の口蹄疫対策における被災者支援とその実績に基づいた精神保健対策マニュアル作成に関する研究, 厚生労働省科学研究平成 22 年度特別研究報告書,
(2011).

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|
 |