ホーム > 研究業績

各種記事

発展途上国における持続可能な食品衛生向上

掲載日:2014.05.17

 発展途上国では、ほとんどの食品が非正規流通、いわゆる「闇市」を通って販売されます。これまでは、政府が管理する正規食品流通について国際的支援がなされてきました。また食品の小規模生産者へは、流通を考慮することなく、生産性向上の支援が行われてきました。
 このようなアプローチでは、正規流通経路に販路のない小規模生産者への支援が成功することは稀であり、途上国の多くの人が「質」より「安さ」を求める闇市食品の衛生が向上することもなかったのです。
 そこで国際農業研究が今取り組もうとしているのは、流通経路:バリューチェイン(以下VC)に着目し、食品のリスクと経済性、それから伝統的考えを考慮しながら、小規模生産者が生産する食品の衛生を向上し、出来るだけ安価に正規VCに組み入れる介入研究です。疫学ユニットでは、これまで国際家畜研究所(ILRI)と共同で、サハラ以南アフリカ8か国における研究を進めて来ました。現在はベトナムとケニヤでのプロジェクトに取り組んでいます。

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|

薬剤耐性に関する研究

掲載日:2014.05.17

 抗生物質は私たちの健康を守るのに大きく貢献して来ました。また、私たちの食糧である家畜が病気にかかった時にも、病気からの回復に大きく役立っています。しかしながら、農場での生産動物に対する抗生物質の使用による動物における薬剤耐性菌選択の可能性が指摘されています。
 獣医疫学ユニットでは、生産現場での抗生物質の使用と動物由来細菌における耐性菌の選択について疫学解析するとともに、ヒトへのリスクを評価しています。

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|

公衆衛生・家畜衛生対策における意思決定に関する研究

掲載日:2014.05.17

 家畜疾病は、感染性、非感染性両方を含む要因が複雑に関連して起こることが多くあります。獣医疫学ではリスク因子分析を用いて、より影響の強い因子を把握することで、より効果的に疾病を制御することが出来ます。また、経済分析により理想的な疾病対策を選択する意思決定に役立ちます。
 獣医疫学ユニットでは、北海道の酪農場で地域レベルでの家畜疾病制御のための技術協力を行っています。また、ヨーロッパ連合との共同研究により、獣医学に経済学を取り入れる取り組みを行っています。

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|

我が国の家畜衛生対策に係る精神医学的・社会経済学的研究

掲載日:2014.05.17

 2010年に宮崎県で発生した口蹄疫は、我が国の畜産業のみならず、観光業や地域の飲食店業を初めとする広い産業に2350億円と試算される甚大な経済的被害をもたらしました。しかし被害は経済に限ったことではなく、被災農家、防疫従事者、それから地域住民のメンタルヘルスに大きな影響を与えました。
当ユニットでは、国立精神・神経医療研究センター、国連大学および宮崎県の精神保健の専門家およびNOSAIみやざきの獣医師と合同で、被災農家、防疫従事者および周辺住民の精神疫学研究を実施し、獣医・畜産学の知識を用い、きめ細やかな解析と介入への助言を行っています。
 また2013年度からは、農場における家畜衛生対策に係る意識と実践について研究しています。家畜伝染病の制御には、各農場の衛生意識が非常に重要な役割を果たします。農場レベルでの衛生意識に関係する因子を見つけることで、畜産関係者がより効果的に衛生対策の普及啓もうが実施できるようになる可能性があります。

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|

東日本大震災石巻市環境リスク評価

掲載日:2014.05.17

 2011年3月11日、三陸沖でマグニチュード9.0の地震が発生し、巨大津波が東北・北関東沖を襲いました。酪農学園大学からは、死者数の最も多かった宮城県石巻市に5月から定期的にボランティアを派遣するとともに、石巻市とともに環境の悪化した被災地域の環境リスク評価を実施して来ました。

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2014.05.17)|

発展途上国における顧(かえり)みられない人獣共通感染症

掲載日:2013.11.20

 発展途上国には、先進国ではすでに制圧されてしまった風土病的人獣共通感染症が多くあり、経済的にも公衆衛生上も大きな影響を与えていますが、急速に感染が広まる恐れのある鳥インフルエンザやHIV/AIDS、結核といった特定の致死性疾病対策に偏って援助が行われているため、国際保健機関(WHO)から顧みられない人獣共通感染症として指定されている疾病があります。
 蒔田准教授はこのうちブルセラ病に焦点を当て2005年からウガンダで研究を行ってきました。ブルセラ病は世界で最も蔓延している人獣共通感染症の一つで、家畜には流産を起こし、人には持続性、波状型の熱、倦怠感などの全身症状の他、骨関節症などの局所病変を起こします。今後ベトナムおよびタンザニアでも、地域住民とともに持続可能な疾病制御について研究します。

酪農学園大学獣医疫学ユニット(2013.11.20)|
 |